【Kepani】Harris-Ⅱスウェットシャツ

Kepani
Harris-Ⅱ
image image
color : L.Grey, D.Grey
price : ¥13,000+tax

 

ブランド名の“Kepani(ケパニ)”とは、
ハワイのローカル語で「日本の・日本人」を意味しています
そこには、「古い良いモノを日本のものづくりや技術の継承によって再現できないか?」
という思いが込められています

image

そのブランドコンセプトを体現しているのが、
Kepaniがそのコレクションの多くに用いる「ラフィー生地」という素材です

ラフィーとは、あえてムラが出るように紡いだ混紡の糸のことで、その特徴は、繊維の長い綿を撚(よ)って作られているので、何度洗っても、本来のしなやかさを損ない点です

 

そして、そのラフィー糸を旧式のシンカー編み機によって生地にし、非常に細かな針を持つ起毛加工機にかけることで毛羽を立たせます

さらに、毛羽立った生地をタンブラー乾燥で、一気に縮めます

 

こうして、洗うたびに型崩れせずに元の形に戻る
『再形成性』『弾力性』を作り上げているのです

また吊り編み機にはない『軽さ』もポイントです

  

この素材こそが、“Kepani”が吊り機を使わずにシンカー機で編むことにこだわった理由なのです

 

image image image

デザインはヴィンテージの雰囲気を持たせながらも、
新しいスタイルに仕上げられています

40年代、50年代のスウェットに採用されていた両Vガゼットと、
当時のスウェットにはあまり使用されていないラグランスリーブの組み合わせのはじめ、

ヴィンテージらしい首元のしっかり詰まったデザイン、
4本針ステッチ、長リブの仕様など細部にもこだわりが見られます

 

さらに着込むことでスウェットの黒糸が色抜けし、良い経年変化を見せます


image

Kepaniの製品は、古い表情を出すためにさまざまな工程を増やしたり、
洗いをかけてわざとダメージを与えたり、
「生産効率」とはまったく離れた過程を経て仕上げられています

Kepaniのブランドコンセプト-古い良いモノを
日本のものづくりや技術の継承によって再現できないか?
-は、
その製品たちから感じ取ることがきます

 

ぜひ一度店頭で触れてみてください